進行を止める方法がある

眼

目の検査で異常がでてしまい、緑内障かもしれないので精密検査を受けたほうがよいとすすめられた方もいるでしょう。緑内障は治らない病気なので、落ち込んでしまい何も考えられない状態になっているかもしれません。確かに治らない病気なのは間違いないのですが、それほど悲観することもないでしょう。なぜならば、治療を受ければ緑内障の進行を止められる可能性がとても高いからです。そのため、まずは眼科のある病院やクリニックを訪れて、本当に緑内障か確かめてもらいましょう。検査の結果、緑内障だということがハッキリしたのなら、すぐに治療をスタートしてくれます。そして、効果もすぐにでるので、思い悩まずに診察を受けることをおすすめします。

多くのところが予約なしで診察可能

視力検査

緑内障を検査してくれる眼科クリニックは、よほどの大病院でなければ、予約なしで訪れることが可能です。受け付けを済ませて自分の順番を待てば、すぐに専門家のドクターが緑内障の疑いが低いかどうかを判断してくれます。可能性が高いということになったのなら、検査をすすめられるので、必ず受けるようにしましょう。検査はとても簡単で、眼球に針を突き刺すような痛みのあることをするわけではないため、怖がる必要はありません。

検査で分かること

眼

緑内障の検査によって分かるのは、眼圧の数値と欠けて見えなくなっている視野の箇所です。基本的に緑内障の治療は眼圧を下げるために行われるので、最初に計測した数値が大事になります。眼圧が高くても問題ない方もいれば、低くても問題がある方もいるので、数値だけを見て治療されることはありません。そして、視野欠けの箇所は治療の効果が本当にでている確認するために利用されます。後日検査をして、欠けが広がっていれば治療の効果がないことになりますし、広がっていなければ治療の効果が十分だといえます。

治療には目薬が使われる

目の仕組み

突然、眼圧が上がってしまし失明する危険性のある緑内障ならば、緊急の手術が行われることもあるでしょう。しかし、普通の緑内障ならば、ほぼ間違いなく目薬を使った治療がスタートされます。目薬のなかには眼圧を下げる成分が入っているので、それを定期的に利用していけば、視野欠けを防ぐことが可能です。ただし、目に不快感を覚える方もいるため、異常がでないかしっかりと確認することが大切です。緑内障の目薬にはたくさんの種類があるため、目にあっていないのならば違うものに変えてもらえます。目に不快感を覚えたままの生活はつらいので、体質にあっていないのならドクターに相談しましょう。

広告募集中